ボイストレーニングの仕方

東京のボイストレーニングの仕方と活用方法について書いていきます。昔からあるペットボトルを使った東京のボイストレーニングの方法の最新版と思ってください。
まずペットボトルのボイストレーニングの仕方ですが、500mlのペットボトルを用意します。

そのペットボトルを空にした状態で口に挟み、ペットボトルを凹ませたり戻したりしながら母音を発するという方法です。最初は全く凹ませたりできないと思いますが、腹式呼吸をつけるには最適の方法です。最近では柔らかいペットボトルもあるので、無理しない方法からスタートするのもいいですよ。東京のボイストレーニングではこのような次週練習も踏まえて、今までのペットボトル腹式呼吸強化方法でしたが、ここから独自のやり方を載せます。

ペットボトルを2本用して半分に切ります!そして口がついているものを使って切った場所を繋ぐようにくっつけます。(ビニールテープなどを使うと固定しやすいです。)そのあと片方は先ほどと同じように口に挟み、反対側には市販で買った風船をつけて固定します。あとは膨らませたりすることにより、腹式呼吸だけではなく、声量なども鍛えていけます!是非お試しあれ!